ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2014.06.24 Tuesday

夏だけど、外でほっこりコーヒータイム♪

こんにちは、スタッフのERZOです。

バロクックって、どうやって使うの?
外岩で使ってみたい!!と思い、バロクックカフェ(タンブラー)を引っ提げて行ってきました。
あれこれと持っていくのは面倒くさいなぁと私の悪い癖が。
しかし、持ち物はバロクックカフェとヒートパック(発熱するカイロみたいなものです)、お水500ml、調理したい食材のみ。正直、カバンに入れた時これだけなの?と感じました。今回はバロクック初心者ということで、チキンラーメンとインスタントコーヒーを作ることにしました。

火気厳禁が多くなってきていますが、やっぱり外で温かいものが食べたい!そんなときにオススメ、バロクックシリーズ。


早速調理開始!!
想像よりもはるかに簡単で、全く問題なく調理出来ました。
火を使わないので、話に花が咲いてもうっかりと焦がす心配もなく、気づいたときにはすでに調理完了。面倒くさがりにはもってこいのアイテム。ヒートパックを発熱させるためにお水が必要なのですが、これは海水でも川の水でもOK!便利ですね。
夏場でも冬場でも、温かい飲み物や食事はココロもカラダ潤してくれます。
これまでは、外岩で温かいコーヒーを飲むためにタンブラーに入れて持参していましたが、大抵冷めていたり酸化していたりで最後まで飲むことができませんでした。だからといって、外でお湯を沸かすのはちょっと…と思っていましたが、今回実際に使ってみてとっても手軽!しかもやっぱり淹れたてのコーヒーは比べ物にならないくらい美味しい!私のココロは十分満たされました。なんだーっ!こんなに簡単においしいいコーヒーが飲めるんだ!と実感。年中手放せない相棒になりそうです。

今日はバロクックカフェ(タンブラー)を使用しましたが、バロクックレクタンギュラー(ランチボックス)もあります。また、レトルト食品温め専用のバロクックポーチ(ジップロックみたいです)もあります。自分のアウトドアスタイルにあわせてチョイスできますネ。

さあ次は、どのバロクックを引っ提げて、どの岩場にいこうかな?

Let's Barocooking!

2014.06.14 Saturday

雨の恩恵

 
こんにちはッ( ´∀`)b!!crucrowです。

梅雨入りしてしまいましたね。
お陰で畑の野菜たちは絶賛わさわさ増殖中です。

実は10日ほど前の畑仕事中にプチぎっくり腰になってしまった私。(あ、でも軽かったのでもうほぼ95%治ってます( ´∀`)bグッ!)それ以来、ちょっぴり足が遠のいていた菜園に昨日久々に行くと「おぉぉっ๑゜д˚๑」とビックリな事が色々と・・・

ビックリその1→草ぼうぼう過ぎてどこに何が植わってるか分からへん
ビックリその2→リーフレタスだと思っていた苗が普通の丸いレタスで、でっかくまぁるい球体に(写真左下)!
ビックリその3→コカブたちが地面からはみ出た状態でひしめき合うほどの豊作(全く間引いていないためと思われます)♫
ビックリその4→去年苦戦した万願寺唐辛子がものすごく普通に実っていた

本当に無農薬・低(?否無)肥料栽培にも関わらず野菜たちの元気っぷりには毎度ながら驚かされます。肥料を使わないと虫も寄り付きにくいようなことを説いている学者さんもいるますが、分からなくもない、というか同感してしまいます。
昨夜はまかないとして、鯛のムニエルに合わせてモリモリシャキシャキな野菜たちをソテーにしたりサラダにしたりしてぎょーさん頂きました。ゴチ。

これから土日祝のFOODSメニューで皆さんのお口に入る機会が増えますね(^O^)
お楽しみに☆彡
2013.06.14 Friday

長〜いお付き合い♪


こんにちは!crucrowです。

先週より店舗外壁のペイントアートに色筆が入りました。施工して下さるのは彦根在住のクライマー友達である大越ご夫妻です。この壁アートを書いてくれる人を、東海〜関西一円色んな伝手で探しまくったのですが見つからず半分諦めかけていた時、カフェスペースの工事業者さんから紹介してもらった人が大越ご夫妻でした。え??お二人ってそんなん引き受けてくれはるんやん!灯台下暗しとはこの事。余りに近くて気づかなかったのでした^^;そんな遠回りをしてお二人にお願いすることになったのです。
因みに大越ご夫妻はエクステリアなどの環境企画「avue(アヴュ)」という会社をされていて、今回グッぼるの玄関前改修工事もお願いしています。(グッぼるHPにリンク張ってます♪)環境企画[アヴュ]

大越ご夫妻とは私たちのクライミング人生と同じくらいになるはずなのでカレコレ13〜4年くらいの長〜いお付き合い。
出会いは、昔彦根に唯一あったORCAというOUTDOORショップ。私が土日のみお手伝いをし始めてすぐ、お客さんで来られてた大越さんに「山はイイですよ。ご一緒に始めませんか?」と言うと、大越さんは「ほーですか」とやたらニヤニヤ。大越さんは当時から山岳連盟で指導員をされていたと後で店長に聞いてびっくり。それならそうと言ってくれはったらいいのに・・・(^_^;)大越さんのニヤニヤ顔の意味が分かって相当恥ずかしかったのを今も忘れられません。
その後は、今のKOーWALLの原点となるKOさんご実家の「納屋WALL」で夜な夜な共に練習に励んだり、芹谷や三重の椿、小川山でのロープクライミングにご一緒させてもらったり。そういった中で登山・クライミングのあれこれを沢山教えていただきました。
今またこうして変わらずその頃からの友人にお店を手伝ってもらいながら夜な夜な登ることができるようになるなんて、あの頃は思いもよらなかったなぁ。登り続けてきて本当にヨカッタ♪♪

今日のグッぼるは、連日の作業+登り+ライン+TRXトレに加え、更に昨日からキャンパが設置完了されたためキャンパトレまで加わってしまい、二人ともかなりの廃人化。完全レスト=貯まっている事務処理をこなす日に切替えました(´ε`;)それはそれで核心だらけですが・・・。

プレOPENまであと3週間切った〜!あ〜ドキドキ★
2013.04.23 Tuesday

リンク追加:ブヨにも効くパワー森林香 ボルダリング虫除け

前にもブログに投稿したのですが、最近フクベで効果テキメンだったのでもう一度。

ボルダリング中に蚊やブヨに刺される季節になりました。虫除けにはみんな工夫してますよね。煙の出ないタイプは外ではあまり効果がないようで、オーソドックスな煙タイプの蚊取り線香が主流です。さらに直接肌につけるタイプも併用ですかね。それでも夕方の大量発生やブヨには全く効きません。

ネットで探しました。林業のプロも使用している煙の多いタイプの蚊取り線香はスゴイ。極太で煙も多くブヨにも効きます。専用携帯ケースも付いてます。パワータイプの方はホントに効きます。さらにこいつの凄いのは天然成分でブヨを撃退してる所。蚊取り線香が人体に影響があるとの話は聞きますから煙が多いと天然成分なのは助かります。化学物質アレルギーの私でも大丈夫。多少の匂いは気になりますが緑のよりはマシです。

マジでブヨがいなくなるのは感動。お試しあれ。
※大きめのタッパーに入れておけば車内でも匂いが気になりません。

2013.04.21 Sunday

最新:スイスボルダリング まとめマップ 2013年4月更新

より大きな地図で スイスボルダリング を表示

いろんな所からリクエストを受けてアップしてみました。
トポ売ってる所とか宿とかMagicwoodとかmellblockとかをピンでマークしてます。
かなり便利なgoogleマイマップ。2009年から現地で使ってます。iPhoneとgoogleマップは今回が初めてなのでナビ機能に期待。ロータリーとかの音声ガイドが楽しいです。

更新しながら使うつもりなので今後行く人は参考になると思います。

今回はここも行けたらいいなぁ。時計好きだし。
2013.04.20 Saturday

スイスツアー2013

去年は断念した海外ツアー。その際に感じたことを実践して今がある。
何としても今年は行きたいと思っていたけど、忙しさや体調のこともあり断念。
と、思ってたけど行きます。期間は短いですが・・・・。

一番やりたい事をやれない人生なら他の生き方を考えるべきだ。今しか出来ない事が多すぎるからやれることをやる。自分の思う幸せってそんな感じかな。まぁかなり努力も必要です^^;

4/25から5/10の2週間。今回はフィンエアーなのでトランジットがヘルシンキ。色使いのお勉強も出来て嬉しい。

●今回の予定
もちろん岩。目標課題を登る。
店作りのためのカラーデザインとテクスチャーをミラノやスイスでお勉強。
ボルダリングやアウトドアスポーツジムの見学
アンティークの仕入れ
ギヤやグッズの仕入れ
エスプレッソの淹れ方出し方見せ方。
外岩コンペ、メロブロッコに参戦と運営の勉強。なんと10周年。melloblocco 2013
バーゼルワールドで時計を見る。BASELWORLD 2013 – The Watch and Jewellery Show
レスト日にグリンデルワルトからアイガーを見るだけ。

忙しいですが、行ってきます。
2013.04.11 Thursday

豊田の岩場 [オフィシャルブログ] が開始

豊田の岩場 オフィシャルブログ がついに始まりました。

http://toyotanoiwaba.info/

初期立ち上げは、このブログ管理者 goodbouldering yui が全力サポートします。情報発信は代表のハマさんが書き込まれます。

スムーズに進めば皆さんが期待している課題集(トポ)のダウンロードが可能になります。しかも開拓チームとオープンプロジェクトの融合で今までにないトポが出来そうでワクワクです。

私も含め全てボランティア運営となっています。お金も時間も想像以上にかかります。どうかご理解とご協力をお願いいたします。

なにより新旧クライマーによる共同作業が実現できてほんとに嬉しいです。yui
2013.03.25 Monday

ブログ講習と新エリア

環境が変わり少し体重が増加。故障箇所も腰の違和感と肩の軽い痛みと随分マシになってきた。

日曜日は豊田の岩場ブログの初期立ち上げを手伝っている関係で、デザイニング・フォーマット・書き込み講習を行った。さすがハマさん。年齢の割にスキルが高くブログ運用は問題なく進みそう。コンセプトは「開拓はオープン・議論はメール・発信はブログ」とした。投稿者不明の無意味な噂や議論をなくすことが豊田の岩場ブログの重要な目的とした。

その後、豊田の新エリアで開拓のお手伝い。いい岩がまたまた数十個。無限過ぎるぞ豊田。
2課題ほどプロジェクトとなり来週から挑みます。多分、2段以上になりそう。

帰りはスバカマナのカレー。定番のスクティ。あり得ないコクウマのドライマトンが入ったカレー。シーズンに一度は食べる。そしてデザートは桜餅ナン。モチとあっさりサクラアンのウマさ全開の食感。タリーズでマッタリ。滋賀に帰ると午前様だった。
2013.03.04 Monday

破壊の後に誕生する


久しぶりの岩へ。
腰の状態は電気鍼にて治療中。肩の違和感も気になる。故障続きの身体も徐々に回復傾向が見えてきた。クライミング環境を整えるためにライフスタイルごと変えて行く決心をした。どうなることかなと不安もあるが幸せでもある。なんと肌のツヤの良い事か。

梟谷エリアへかなり遅れ気味に到着。気になる課題へ。サウンズグッドより更に上部のよく似た被りの岩。シャララ初/二段が誕生した岩の下部にT中氏初登の初段がある。これの角度が最高にカッコいい。3人で交互にトライしてるとムーブもこなれ、自分以外の二人はさっくり登ってしまった。腰の調子より気持ちの方が入らない感じでモタモタしてると、スタートのガバが吹っ飛び、課題が消滅。あーショックすぎる。

で出現したホールドでグレードアップした課題が誕生。前より面白い。自分にはフルスパンだからこれ以上ないほど楽しみな課題となった。
平日水曜日にトライする決心をして岩場を後にした。
このエリアの整備もある程度進んでもう少しで公開出来そうな話をされていた。それまでに上部の開拓もちゃんとしないといけないなぁ。腰の状態が回復すれば着手しよう。

BUBUでキャンパストレーニングをやってからカレー無しで帰宅。あーーー充実感。
2013.02.26 Tuesday

豊田の岩場:問題でないのに問題となる問題

笠置山の開拓に尽力していただいている方のブログに「豊田の問題」の記事が投稿されておりました。説明が長くなるためブログなどでは誤解も生みやすく、さらっと書ける記事ではありません。しかし「現状では進行を見守りながらプラスに行動できてる」状況がきっちり描かれていて流石です。尊敬します。

豊田の岩場の問題 笠置山日記より
----------引用ここから------------------
●地元側
「地元の住民はもっと沢山のクライマーに来てもらいたいと思っている。」
「駐車場の問題が有れば市に働きかけて予算を付けてもらう事も検討したい。」
「笠置山は自治体なども積極的に関わっているようなので、一度視察に行きたい。」
ローカルクライマーと周辺住民や地主さんとの関係は良好。
●クライマー側
意見や駐車場や工事になどに関する個々のエリアの情報が伝わりにくい。
情報の発信元、裏付けも得られないままの不十分な情報がネットを一人歩きしている。
アクセス問題に関心の高い一部のクライマーが過剰に反応している。
-----------引用ここまで-----------------

このように顔の見えないクライマー側の発言が目立って現状とは違う悪い認識が広がりローカルの方々を傷つけています。事実と違っていてもそのまま受け取れば能力不足として責める事になります。
以前(5年前ほど)ですと岩場で統一できた話。権利の主張や正論ではなく、開拓クライマーとして一貫性を持たせるのが最優先でした。新しい事態が発生した場合、過去から支えてきた方々に日曜12:00に来て話をするくらいはあって当たり前。たったこれだけのこと。
主観が入りつつ、ネットにてスピード感染して行く状態はクライマーとして悲しい事です。

古美山クライマーズの方々は今後は発信源を一つにするために協議中です。これだって誰かの負担となり時間も金もかかります。いずれにしても顔の見える関係が重要であるとの認識は変えたくないとの事です。
時代の流れで考えてもソーシャルハラスメントやSNS陳腐論、Facebook半減などソーシャルネット離れの中で、直の人間関係が最重要となるのも当たり前で喜ばしい事だと思います。アンチグローバリゼーションも含め、これからどのように変わっていくかは楽しみでもあります。
Powered by
30days Album