ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 赤いマルチプルズチェア | main | 一期一会な課題たち。 >>
2015.07.23 Thursday

変化の時期

こんにちは。Mちぇくこと村口です。

  私事ですが梅雨に入ってからというもの岩場に行けていません。岩場大好きな僕としては甚だ残念ではありますが、天候は神のみぞ知るなので諦める事にして梅雨の間はジム巡りに勤しもう!と決めました。たくさんのホールドや形状等を触る、知る事で得る物もきっと大きい筈。


  その第一弾として大阪の天神橋にあるマッシュルーミングと都島にあるクラリカにお邪魔してきました。ここの店長達とは岩場の顔見知りで今迄にも数回訪れた事はあります。
マッシュルーミングでは前回来た時にはなかったウィークリー課題、クラリカではホールド変えした後なのでテープ課題。それらを中心に登った時に自分の登りの変化を実感しました。ほぼ上半身の力だけで登っていた以前と違い、身体の可動域が広がった事による各部位のコーディネーションがムーブの選択肢の多さに繋がっていく感じです。グッぼるにきてから約半年の間店長に教わった物を少しずつ実践してきた事による効果を肌で感じる事が出来ました。
 
  特に収穫だったのは…いや改めて感じたというべきでしょうか、課題が登れる登れない事に関して『何故』登れるか、『何故』登れないのか少し判断が出来るようになった事です。グッぼるにきて自分の弱点を認識→改善→強化してはじめてそれが分かりました。その点でもホームジム以外で登る時間が有意義だったと思います。


知識だけでも経験だけでもダメでその両方があってはじめて本当に人にアドバイスする事が出来ると店長に教わりました。その両方がまだまだ自分には足りないと感じていますが、それは今までその努力をしていなかっただけでした。岩場でも人口壁でもより多くのスタイルで登る、コンペに参加するなど自分の経験、知識を増やして『何故』の部分をより具体的に把握してグッぼるでそれを還元していきたいと思います。
Powered by
30days Album