ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2015年第4回WWS開催報告♪ | main | 変化の時期 >>
2015.07.16 Thursday

赤いマルチプルズチェア

 
赤いマルチプルズチェア
グッぼるの表にある赤いチェア。「空席あります」「座れますよ」って意味で置いてます。まあほとんどオーナー趣味です。このチェアはmultipl's chair(マルチプルズチェア)といって見た目より凝った代物。フランスはリオンのMULTIPL社で1930年代前後から製造されたヴィンテージ物。実は日本ではあまり見られません。復刻版は20,000円前後で販売されてますが、本物はやはり風合いが比較にならないくらいイイ。重厚感も最高です。


VOLVO240は30歳
重厚感といえばグッぼる社用車「VOLVO240」が8月に全塗装と車検から帰ってきます。86年式左ハンドルは帝人が代理店だった事から「帝人ボルボ」と呼ばれ大変希少なんです。FRの乗り心地、5人乗ってマット4枚積めるラゲッジ、素晴らしいデザインはグスタブ最高傑作であり、「走るレンガ」と呼ばれる程の走りとハンドリングの良さ。どこを取ってもスタイリッシュなパーツ。30年乗り続ける価値があると思いませんか。保存すべき歴史だとも思っています。車検に2ヶ月以上、3桁の費用は痛いですが・・・


当たり前にこだわる
「本物の良さ」にこだわるグッぼるは、照明、机、椅子、食器のほとんどがヴィンテージ。それらに囲まれエスプレッソを飲んだりクライミング談義をしたり。いろんな刺激とくつろぎが感覚をくすぐる場所となっています。もちろんクライミング環境やギアもこだわりがあります。あえて看板や広告を出さず、口コミや探して来てもらえる「こだわりのあるお客様」に共感してもらえる事を信じて「全方向おいて当たり前にこだわる」姿勢を大切にしています。
Powered by
30days Album