ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 再投稿:指の回復と痛みについて | main | 2015年第4回WWS開催報告♪ >>
2015.06.30 Tuesday

Session

 こんにちは♬crucrowです! 

 この間久しぶりに映画館で映画を観ました。夫婦二人で出かけられるお休みは定休日の1日なので、岩がオフの夏場は文化系のお出かけのチャンス♬それはそれでウキウキ^^これから秋までは美術館や映画、SHOPPINGなどインドアを満喫してsenceを磨きまくりたいですね。で、今回観た映画は
「Session(英題WHIPLASH)」
「セッション 映画」の画像検索結果
ジャズドラマーを目指す若者が主人公のザ.アメリカ映画。

 ここからは、少しネタバレになってしまうので、ご了承ください^^;
ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けていくstory。教師役のJ.Kシモンズはいつもアクのある演技が印象的で好きな俳優さん。主演のマイルズ・テラーとの熱いドラマはもちろん、マイルズが繰り出すパワフルなドラミングにもかなり圧倒されました。そして、文字通り血と汗に塗れて気を失いそうになり限界を越えたマイルズが初めてM.M.=400の超高速テンポが繰り出せたシーンは胸がつかえて涙が出てきてしまいました。
 師匠と弟子の間に出来たワダカマリも、セッションが始まり究極の演奏に集中していくうちに全てがどうでもよくなり結局素晴らしい演奏を成し得てしまう、というクライマックス。何かを極めようと努力している者同士には、それ以外のモノは不要。クライミングも同じで、老若男女も言葉も生きてきた背景さえも何もかも、一つの課題の前では「出来るか?出来ないか?どう向き合うか」以外は一切不要となってしまう。
 
 グッぼるでも、ここ2ヶ月で急成長の小学4年生のJクンや日本ユース代表でイタリアへ行くKチャンと30代〜50代の大人達が同じ課題を見つめ合ってマジでSessionが繰り広げられていますが、よく考えたら他のスポーツでは難しい状況ですよね^^;
 
満ち溢れた未来しか見えない彼らのクライミングへの「登りたい!」というシンプルな欲望が、毎回会うたびに羨ましくて悔しくなってしまいます。私だって「今の自分を越えらる未来(老後?)」をいつまでも永遠に見つめていきたいし、感じたい。いつまで張り合えるか分からないけれど、「課題」だけじゃなく「クライミング人生」ごと彼らとSessionし続けてやる`ヘ´!若干時間切れが迫っている危機感を感じるからこそ、このアツイ映画を観て強く思った今日この頃デシタ。

Powered by
30days Album