ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 海外の岩場へ!初アプローチ IN THAILAND | main | 再投稿:指の回復と痛みについて >>
2015.06.20 Saturday

課題作りの難しさ

  こんにちは。スタッフ村口です。
  今回のブログのテーマは課題作りです。今迄大阪で登っている時から課題は作っていましたが、それはあくまでも自分の練習用で、元から付いているホールドをどう組み合わせるかだけでした。自分でホールドを付けながら0から課題を作るというのは思ってる以上に難しい・・・。様々なホールドを使って望んだムーブや強度にする事の複雑さ。特に簡単な課題ほどシンプルが故に作る難しさが際立ちました。これはホールドを付けながらという点も含めて一層頭を抱えてしまいました。
  グッぼるでのグレードは白・青・黄・赤・黒の順に並んでおり、今回の店長からのミッションは青色のレギュラー課題を、オーソドックスなのに面白いかつテクニカルな部分を持たせるようにを作るという事でした。初心者の方が白課題を大体登れるようになり青課題に進んでいき黄色課題に移っていく。その過程で最初の大きなハードルになり易い大事なグレードです。此処でクライミングの面白さ、難しさをわかってもらい、青を一生懸命登っているうちに自然と黄色課題に手が届く様になって欲しい、そんな思いで毎日試行錯誤して取り組んでいます。
  実際に課題作りを始めて悩みのスパイラルに陥ったのが、「自分が青ぐらいだと思って作ってもコレは本当に青なのか?」という疑問。グッぼるの黄色の難易度は把握しているので黄色ではないとはわかっているつもりですが、青色に収まっていないかもしれない。お客さんの何人かに試登してもらい判断してもらうと、黄色が既に登れている人→青に感じる、青に入ったばかりの人→そう感じない等、様々な意見を頂きました。身長、リーチ、フィジカル、ムーブの上手さ等でかなり体感が変わります。勿論それを乗り越えて頑張って出来るようになって欲しいとの願いもありますが、余りに出来なさ過ぎると最初の段階で心がポキっと折れて触ってもらえない可能性がでてくる…。つまり「出来そうだと思わせる課題」が面白いのではないか。この思わせるというのがかなりのポイントなのだと。不可能過ぎることよりも不可能そうだけど意外にコツが分かると出来そう、という方が人はモチベーションが上がります。「やる気UP→ドンドントライする→いつの間にか強くなる」このサイクルに入る取っ掛かりとなるトライせずにはいられない、そんな魅力のある課題がレギュラー課題に相応しいのではないかという結論に達しました。

  皆さんのステップアップの後押しとなる面白い課題を!その思いを込めて新青課題を7個追加しました。まだまだ修行中で突っ込みどころ満載では有りますが、番号は10〜17(15は黄色に昇格して欠番)なので是非皆さんトライして下さい!また今週からは新たなるミッション「黄色課題の作成」に取り掛かっています。完成次第順次シールを貼っていく予定ですので、コチラもお楽しみに♪


Powered by
30days Album