ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 店長とオーナーの夏休み〜お山に登りました〜 | main | Goodbye Jack,and Hello Osprey♪♪ >>
2014.08.31 Sunday

夏休み in 瑞牆(スタッフERZO編)

遅れ馳せながら、グッぼる夏休みの3日間(8/18-20)を瑞牆山で過ごしてきました。
店長とオーナーに連れてきてもらったのがきっかけで岩場のなかでも大好きなエリアです。みずがきやま自然公園での2泊3日のテント泊、目的は勿論ボルダリングと岩探索時々キャンプ。お天気が心配でしたが、初日にパラパラと数えられるくらいの雨粒が降っただけでそれ以外は晴天に恵まれました。肝心の岩は、前日まで降り続いた雨の影響で一部染み出しがあったり水溜りがありましたが、場所を選べば登れる岩はたっくさん!!エリアの端から端まで岩を探索し、課題をチェックして気になる課題は触って登って1日1日を思う存分岩と戯れました。気候は陽射しが強く、日焼け止めは必須ですが、吹く風ははひんやりしていて涼しかったです。夕方からは、ダウンまではいきませんが一枚ウインドブレーカなど長袖を羽織らないと寒く、朝方はグッと冷えこみました。

お盆休み空け、平日の影響もあってかクライマーさんの姿は少なかったですが、その中でもテント泊のお隣ルートクライマーさんからエリアの位置や岩場で出会ったローカルクライマーさんからはオススメの課題を紹介してもらいいろいろと情報交換が出来たことが嬉しかったです。同じ岩を目指して来たもの同志、岩の話に花が咲き岩に馳せる思いが高まります。管理棟のおじさんは会うたびに「岩が待ってるよー」と笑顔で話しかけてくれて、これまた岩魂を掻き立てられます。

今回約2年ぶりに訪れたみずがきやま自然公園がより便利で快適に変化していたので、そのことを書いてみようと思います。


・キャンプ場に仮設トイレが設置(しかも綺麗に保たれていて快適)
・テント泊が多くなると管理棟内のトイレを解放
・テント泊の場合、受付をするとラジウム温泉郷「増富の湯」の割引券がもらえる
(みずがきやま自然公園から車で約20分)
 詳しくはこちら→ラジウム温泉郷「増富の湯」
 オススメ★「塩最中アイス」
  さっぱりしたジェラート風のアイス最中で湯上りに染み渡る美味しさ
・管理棟が閉まっている場合は、外の料金箱に利用料金を入れる

瑞牆山(標高2230m)はボルダリングはもちろんロープクライミングに登山、トレイルランニングと自分に合ったスタイルで山と接することができます。この大自然のなかでキャンプを楽しむご家族にも出会いましたし、鹿の家族にも出会いプチサファリパークも体験できました。その日の気分や天候で何をしてどう時間を過ごすか選べるところも瑞牆山の魅力です。

来シーズンに向け、いくつも気になる課題と宿題になった課題の両方に出会いとても充実した3日間となりました。2年前に訪れた時に出会った課題ガリ子ちゃん、今回も完登できませんでしたが前回よりもはるかに一手一手が容易く進んだことが嬉しかったです。次回は必ず完登したいな。
目覚めれば岩場がそばにある、そんな環境に身を浸せたことが何より幸せでした。ココロもカラダもリフレッシュ、また今日から目標課題完登に向け頑張ります。

Powered by
30days Album