ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 抹茶シリーズ登場@Cafe crucrow | main | ニューフェイスがCrucrow Cafe 2Fに!! >>
2014.06.24 Tuesday

フリクションよ、甦れ!

こんにちは、crucrowです。

そろそろグッぼるも1年が経とうとしています。いやぁ〜早いもんですねぇ・・・

当然ですがホールドも壁も大分黒くなってきました。
エアーブローをほぼ毎晩かけている事、サーキット課題入れ替え時にNEWホールドと使わない古いホールドを入れ替える事、などのお陰で、おそらくグッぼるは1年経つの割にはマシな方だとは思います。

とは言っても、OPENした頃に比べればやはりテカテカ・・・(^_^;)
壁は致し方ないとして、ホールド、特にフットホールドやパーミング系はフリクションが無くなってくると、普通にヌメリ落ちしたり、滑りそうな感じを変に抑えすぎて手首を痛めたり、特に夏場はリスクが高くなってきます。お客様自身も登る前にブラッシングしてくださる方が多いですが、人気課題の核心になると追いつきませんよね。

で、床掃除用に購入したスチーマーって使えるんちゃう?!とヒラメキ。
まずいつもの床掃除用のモップをスチーマーから離脱→細いノズルを装着→熱いスチームを出しながら固いブラシでホールドをゴシゴシ→真っ黒の汚れが浮き上がりポタポタと垂れていく→あっという間に、ピッカリーン!
下の写真のように見事数分でフリクションが蘇らせることに成功(^O^)/
(写真:左スチーム前/右スチーム後)
意外に壁やマットがビショビショにならずスムーズに作業は進みました。ほんの30分程で115度傾斜壁の下部1/3が美しく(^^)v
まとめてやるのはコスト(=労力&時間)がかかるので、この位の範囲を日々の掃除の中に組み込めばコストをかけずに出来そうです。

温度・湿度管理はもちろん、ヌメリ&スリップ落ちせずトライに集中出来る環境を整えることは、OPEN以来グッぼるのスタッフ皆で試行錯誤し続け、今もより良い方法をあーだこーだと模索中です。

それにしても、「スチーマーでのホールド磨き」やけに達成感有りデスネ。もう早く続きをやりたくてウズウズ♪♪しています。明日は3D壁に取り掛かろう♪
Powered by
30days Album